« さあ始まるぞ - ツール・ド・フランス 2006 | Main | オークションの愉しみ »

July 23, 2006

今年の男・ランディス


ツールの優勝者というものは、ただ勝てばいいというものではない。 だれもが納得できるパフォーマンスをしたものでなければその資格はない。

今年、その男はフロイド・ランディス。アルプスの最後に自分だけの力でベスト3によみがえり、そして最後のタイムトライアルでがっちりとイエロージャージを掴んだ。 逆境にあきらめなかった男は、みずからドラマを作り、じゅうぶんにその資格があるところをみせつけた。
立派なリーダーの誕生である。

一昨年からランディスに注目していた私は鼻が高い。もうすっかりタニマチ気分だ。 ランス組の兄ィだったフロイド。 これですっかり貫禄ができたね。

なにが起きても不思議はないとおもわれていた今年のツールだが、終わってみればリーダーのランディスも順当なら山岳賞ミカエル・ラスムッセン、スプリント賞ロビー・マキュアンもこれ以外の選手はありえない順当な結果。 新人賞のダミアーノ・クネゴもとても収まりがいい。 それぞれプロの仕事をみせてくれた。
ただひとり残念なのはバルベルデ。 もし彼がリタイアせずに残っていてくれたら、アルプスの結果はどうだったか。

まあともかく、ビール片手に観戦するのもあと1日だ。
今年も笑顔の男たちを見よう。

(写真: Cyclingnews.com

|

« さあ始まるぞ - ツール・ド・フランス 2006 | Main | オークションの愉しみ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年の男・ランディス:

« さあ始まるぞ - ツール・ド・フランス 2006 | Main | オークションの愉しみ »