« サイクリストの普段着 - あるいは「動いている機械はいぢるな」の法則 | Main | 陽気に誘われて - 水元公園 »

January 13, 2006

懐にライトセイバーを忍ばせて - ネオプレン・バンドルストラップ

メッセンジャーの 環月乱素 さんに以前お勧めいただいた、滑り止め付きのモンベル製ストラップを手に入れました。

巻き始めをフレームとライトの間にはさんでクッションにして、あとはぐいっとひと巻きすれば装着完了。 しっかり固定できます。 使い勝手は抜群。
同じような巻き方でステムにもオーケー。

というわけで、普段はストラップをこうやって LED ライトに巻きつけて、サドルバッグに放り込んでおけば、これで電装の悩みは解決。 なんてコンパクト! こういうシンプルで効果的な解決法が見つかると、うれしいですね。

それにしても、1W LED でも V-Square のパワーはなかなかすごいです。

大手町近辺の広い交差点で信号待ちをしていたのですが、信号のさらに奥にある道路案内板が反射して光っていたのにはびっくり。 ・・・あ、すみません、もうちょっとロービームにしときなさい、ってことですね。

近所の歩道に入って、うっかりつけっぱなしにしていると、対向してくる自転車が立ち止まったりします。 ・・・ごめんなさい、目がくらんじゃったんですね。

また、この V-Square はスイッチを軽く押すとONになるので、わき道から顔を出している車に軽くパッシングしたりもできるのですが、なかなかよく視認されているようです。 ・・・あ、よいこはちゃんと徐行しましょうね (^^)/

|

« サイクリストの普段着 - あるいは「動いている機械はいぢるな」の法則 | Main | 陽気に誘われて - 水元公園 »

Comments

なるほどっ。
ベルトに弾力があるのでテンション如何で光軸調整も思いのまま!技ありですね。

V-square 3Aの明るさはダイレクトドライブによるものだそうです。ランタイムデータを見た限りでは本機の明るさが「活きる」のは連続30分+αのようですが、実際点けてみて感覚的実用照度をどのくらい維持できるものでしょうか。職場でPrinceton Tec EOSを使い出すまで単4乾電池3本で1W LEDを駆動するライトは食わず嫌い(ランタイムが短い・SF-101が重く不恰好)からずっと敬遠していたため旬を逃してしまった感があります。

今月末、SANYO eneloopの単4が登場するそうです。Ni-MHながら継ぎ足し充電OKとのことですので、V-square 3Aの良さが更に活かせるのではないでしょうか。

Posted by: alaris540 | January 14, 2006 03:56 PM

ちゃんとテストしたわけではないので、あいまいですが、「うわ、すげえ」という明るさは30分から1時間くらかもしれませんね。 私の場合、夕暮れの帰り道にだいたい実質1時間以内の使用時間なのですが、そのあいだにヘタリがくる感じはしませんでした。 そんな調子で一回充電でのべ3日くらいは「じゅうぶん明るい」という感じがしてましたよ。 ただし、2~3週ほったらかしておくと、びっくりするくらいへたってます。 eleloop への乗り換えは正解かもしれませんね。

Posted by: Yow | January 14, 2006 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 懐にライトセイバーを忍ばせて - ネオプレン・バンドルストラップ:

« サイクリストの普段着 - あるいは「動いている機械はいぢるな」の法則 | Main | 陽気に誘われて - 水元公園 »