« そして再びストロングライト93 | Main | パンツにシャツガーターなのだ »

November 19, 2005

プリクラ法でお気楽レストア - Too 超耐水ラベルシート

そろそろ冬将軍だそうですね。
さっさとストーブ出さなきゃ。
まあ、インドアで自転車いぢりというのも、またオツなもの。
さらに雨なんか降るてぇと、たまっていたオシゴトが進むわけでして。

というわけで、またまたしつこく自転車いぢり応用講座でございます。

インクジェットプリンターで綺麗なラベルを作れるシートをたまたま見つけましたので、
今回は、そのオハナシです。

この Too の「耐水ホワイトラベルSG」は文字どおり耐水性も期待できそうですし、 なかなか使いでのあるレストア・テクニックになるかもしれません。

作り方はいたって簡単。

1)パソコンで、たとえばパワーポイントなどを使ってデザインを描く


2)インクジェットプリンターで印刷する


3)切り抜いて、裏紙をはがしてぺたっと貼る


で、オシマイ。

印刷して切り抜いて裏紙をはがしてぺたっと貼れば出来上がり。 インクが乗った部分は磨きクロスで軽く拭いたくらいでは大丈夫。

あえてコツといえば、パソコンの画面にシートを当てて同じサイズに表示しておくとやりやすいですよ、とか、裏紙をはがすのには裏と表にそれぞれセロテープをくっつけて引っ張ると簡単ですよ、とか、あとは、フリーのフォントがあちこちでダウンロードできるので使わない手はないですよ、とか、そんなところでしょうか。 これじゃあ自転車いぢりではなくてパソコン講座ですね。 アビバだ。 そもそも、ブログを見ているような方には釈迦に説法ですからこのくらいでやめときます。

さて、この Too のシリーズには白地の他にも、透明、ゴールド、シルバー、といろいろ揃っています。 いずれも自転車に貼るには耐水性が低いので、クリアスプレーなどでコーティングが必要です。 超耐水を謳っているホワイトだけはそのままでも大丈夫そうですが、色あせ対策のためにコーティングをしたほうがよいでしょう。

このホワイトラベルは紙ベースではなく、100ミクロンのフィルムです。 よく光っていい感じ。 シルバーのG(グロス)に至っては完全な鏡面です。 うまく使えるとかっこいいかも・・と、いろいろやってみましたが、どうやっても色つきの鏡ができあがってしまうのですね。 思いどおりの色に仕上げるにはムツカシイ素材でした。 シリーズにはゴールドのシートもありますが、これも同じように一筋縄ではいかないだろうな。

 そのなかで艶消しシルバーのM(マット)は比較的扱いやすいシートです。 これがいいのは、黄色系をプリントすると好みに合わせた色合いのゴールドになるというところ。  

こんな感じです・・・

と、いうことは・・・ですよ。

ユーレーやマファックの金文字シール、なんてものも、画像を手に入れてちょいとレタッチすれば、簡単にフェイクができてしまうわけですね。  シルバーのシートに金と黒と緑でレイノルズ531のシールもできそうだし、金縁に赤い文字のサンジェのマーキングだってひと工夫すればできそうですね。
まあ、ちょいとレタッチといっても、え?ベジェ曲線てなんですか?ってなところからはまりこみそうなので、ちょっと根性いりますが。

シートチューブの白いハチマキ(あれ?腹巻だっけかな?)に描かれたマーキング。 これはホワイトラベルで、ぐるりとひと回りするサイズのシールを作ればできますね。 A4サイズのシートを短冊にすればちょうどよさそうです。 アルカンシェルのベルトなんかはもっと簡単。

なんてことをあんまり言うと、まるでフェイクを作ることを勧めているようですねえ。 なんかいやな予感がしてきた。 えー、言うまでもございませんが、傷んでしまった手元のオリジナルをデジタル化してレストアする、というのがこのプリクラ法の最も正しい使い方でございますよ。 念のため。

というわけで、ワタクシはフェイクではなくジョークのシールを作って遊んでいます (^^)

いえね、ホルクスの黄色いヘッドマークがですね、もういいかげんに剥がしてよ、こんなにいじられちゃったら似合わないじゃないの、と、しつこく言うものですからね。 横尾さんごめんなさい。


オリジナルのシールをはがしたあとには、くっきりと塗装の退色がでていました。 境目をしっかり隠せるサイズに作っておくべきでしたね。

まあ、サイズはともかくとしても、スーパーで売ってるパンツの袋みたいだとか、交通標識みたいだとか、ウチのチビどもが遠慮なくいいやがるしなぁ (^^;)


なので、ちょっとデザインを変えてみたんですが・・・

「あ、羽毛布団のマークみたい!」

いやだからこれは、フェザー・ウェイト、つまり軽量自転車を表しているマークなのでね、国旗だって布団のディーラーのある国ってわけじゃなくて、採用したパーツの生産国に敬意を表しているわけでね・・・

「でもさ、高級で暖かそうじゃん!」

そうですね。 ええ、そうですとも。 ・・・とーちゃんは立ち直れないぞ orz


ところで、このプリクラ法ではどうしてもできないのが透明なシールに白い文字を印刷するようなパターンです。 ほんとうはこれがやりたいのですが、これをホビーとして作るには本格的にプラモデラーのテクニックを拝借するしかないようです。

まずアルプスのプリンターを手に入れて、特色の白インクを使ってクリアデカールのシートにプリントし、濡らしてぺたっと貼ったらクリアスプレーを吹いて、2000番で磨いてまた吹いて、最後にコンパウンドで磨けば出来上がり・・・というキーワードだけは聞きかじっているのですが、実践するには少し敷居が高いですよねえ。

でもきっと、そのうちやってしまうんだろうな。 磨き派ですからね。 プラモも好きだしね。
我ながらこまったもんだ。

|

« そして再びストロングライト93 | Main | パンツにシャツガーターなのだ »

Comments

ちょっと目を離しているうちに随分進みましたね。ロゴマークのデザイン、超カッコイイです♪
>本格的にプラモデラーのテクニックを拝借するしかないようです
あ!呼びました?(笑)
アルプスプリンターがあると面白いですよ♪クリアデカールに白文字を印刷するだけなら簡単だし。
カラーになるとドット目が出るのが問題なのですが、これも賢い人がいまして・・・↓参考
http://www3.ocn.ne.jp/~ksin/index.html
只この方法も淡い色が作れませんが、この方はグレーも綺麗に印刷してますよ。2回ほど会ってお話した事があるので、今度聞いてみよ。
最後にこちらの自転車の近況・・
変速機を84年式デュラからカンパとマビックの混成に変更しました。マビックのRメカって珍しいでしょ♪
http://homepage2.nifty.com/hara-potter/P1010164.JPG

Posted by: 腹~・ポッタ~ | November 27, 2005 at 09:12 AM

へへっ、やっと褒めてくれる方がいた(^.^)
なるほど ksin さんのサイト見ると、デカールもできそうな気がしてきますねえ。 MDプリンターとスキャナー購入かあ・・・ う~む。
おっと、腹ポッターさん、これトーエイじゃなくてイタ物レーサー? マビックってブレーキなんかもあって、けっこういいデザインしてますよね。

Posted by: Yow | November 27, 2005 at 10:02 PM

これ、15年ほど前に購入したボテッキアです。普段はほとんどこれにしか乗ってません。見た目で購入したのですが、剛性感があり私の乗り方にあってたようです。イタ物にフランス製パーツっていうのも変なんですが、縦型メカの適当なものが手持ちになくて・・・
http://homepage2.nifty.com/hara-potter/bottecchia.JPG
ロードは、あと昭和60年に購入したチネリがあります。ただこちらは結構錆びが浮いてますが(汗;
それに先月は2台もロードが増えました♪ と、いっても私のではなく妻と娘用ですが(笑)
妻はFELT、娘はタダで貰ったエルバの24インチロードです。

>MDプリンターとスキャナー購入かあ・・・ う~む。
版下さえ作れたらスキャナーは必ずしも必要ないですよ。模型用にデカールを作る時は出版物等の絵などを下書きにするのでスキャナーがないとつらいですが・・・

Posted by: 腹~・ポッタ~ | November 28, 2005 at 07:59 PM

「ロードは」って・・・いったいどれだけコレクションなさっているのやら。 ちょっとチネリをお預かりしまひょか?なあんて、うちには置き場がない (^^;)
それにもお、そないに煽らんといてくださいな。 おもわずヤフオク検索しちまったじゃないですか、MD て。 まいったなあ。

Posted by: Yow | November 28, 2005 at 11:07 PM

はじめまして、ちょくちょく覗かせてもらっています。

いいですねこれ、自転車のへッドマークを造りたかったんですが、アルプスじゃないと出来ないと思ってました。再塗装したZUNOWにのってますから頭のパイプが淋しいんですよ。この耐水ホワイトラベルは普通のインクジェットプリンターでも耐水になるのですか?我家はキャノンBJF9000なんですが。これで作れるのなら、早速やってみようと思っているのですが。

Posted by: knos3 | December 21, 2005 at 11:42 PM

knos3 さん、いらっしゃいまし!
Tooの耐水ホワイトラベルは普通のインクジェットで大丈夫ですよ。濡らしてこすってみても平気でした。説明書きによると、キャノンのプリンタは「おすすめプリンタ」だそうです。ただし「黒インクに BCI-3eBKを使用する機種は対応していません」だそうです (って、よく意味がわかりませんが ^.^;)
それはそうと knos3 さんのサイトはきれいな写真がたくさんありますねえ。 ゆっくり拝見させていただきます。

Posted by: Yow | December 22, 2005 at 11:09 PM

こんばんは、早速、ヨドバシカメラへ行ってみます、私も来年は自作ヘッドマークです。

Posted by: knos3 | December 23, 2005 at 12:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39773/7188385

Listed below are links to weblogs that reference プリクラ法でお気楽レストア - Too 超耐水ラベルシート:

« そして再びストロングライト93 | Main | パンツにシャツガーターなのだ »