« でっかい紫陽花、ちっちゃいランタナ | Main | 魔法の鉄パイプ - レイノルズ531 »

June 20, 2005

街角の航空博物館 - 世田谷シゴーニュ

世田谷線世田谷駅前の模型屋さん「シゴーニュ」に、また行ってきました。

前回は写真なしだったので、こんどは忘れずに激写してきましたよ。
とはいえ、なんだかあわただしい土曜日だったので、ショーウィンドウをパチリとやっただけで、中には入らずじまい。  残念。

ご覧のとおり、模型屋さんらしからぬこぎれいな店構え。
よく磨かれたショーウィンドウを覗いてみると、そこはまるで航空歴史博物館のようです。

まず目の高さにある3階は歴史的な記録を残した名機のフロア。

ヒコーキにもレーサーと呼ばれるカテゴリーがありまして、スピード記録を競うためだけに作られた特別に美しいスタイルをしています。 水上から飛び立つタイプのものが世界記録をもっていた時代もあって、アニメの紅の豚もそういう時代のヒコーキをモデルにしていましたね。

このあいだ衝動買いしたジービー・レーサーもそういうスピード狂が情熱を傾けて開発したヒコーキのひとつです。 でっかいエンジンに最小限の翼をつけた愛嬌のあるスタイルで、空飛ぶビア樽の異名をもっています。 操縦が難しくて、記録に挑んでは何度も墜落を繰り返したそうです。

1/72 のスケールで再現されたレーサーたちは、どれも手のひらにのっかるかわいらしさですが、しかしその姿のひとつひとつに挑戦者たちのものすごい歴史が秘められています。

さて、その下のフロアは三葉機ばかりを集めたコレクションです。

三葉機というのはつまり、翼を三枚重ねたスタイルのヒコーキのことです。
第一次世界大戦のころ、敵よりもちいさな半径で旋回するために翼を短くし、足りなくなった翼の面積を枚数で稼ごうというアイディアで作られたヒコーキです。

この時代には撃墜王と呼ばれるヒーローがヨーロッパの各国にいて、たくさんの伝説が残されています。 こののどかな雰囲気が漂う小さなヒコーキたちも、戦争のための兵器であることには違いはないのですが、それでもまだ騎士道という言葉が空の上にも生きていた時代だったそうです。

そういえばむかし見た映画に「素晴らしきヒコーキ野郎 (Those Magnificent Men in their Flying Machines)」というのがありました。 ヒコーキの創世記を舞台にしたのどかな映画です。 洗練された Aircraft ではなく、見てるだけで楽しくなるような Flying Machines です。

ヒコーキにはロマンという言葉がよく似合いますが、それにしてもこのお店の店主がたいへんなロマンチストであることは、マチガイないでしょうね。


|

« でっかい紫陽花、ちっちゃいランタナ | Main | 魔法の鉄パイプ - レイノルズ531 »

Comments

一瞬、サイトを間違えたかと思いました(笑)
今でもレシプロ機のレースがありますが、この時代のレーサーには独特の味わいがありますね♪(実は今マッキM39作ってます)
ジービーといえば映画「ロケッティア」の最後にも少しだけ登場していましたね。

自転車と模型の接点ネタとして、今日発売されたマスターモデラーズにツール・ド・フランスのジオラマが掲載されていますよ・・・この作者、自転車マニアでTTバイクもスクラッチしています(こちらは掲載されるかどうか分かりませんが)。良ければ一度見てください。

Posted by: 腹ポ | June 23, 2005 at 08:09 PM

腹ポさん、あってますよー!こちら`Velo`Styleでございますー(^^)
戦闘機や旅客機はいろんな条件をクリアしなければならないというところで妥協があるのに対して、レーサーは思う存分研ぎ澄ました設計にできるのがいいんでしょうかねえ。
ほんとに見ていて飽きませんね。
自転車のジオラマというのはまたオモシロイですねえ。選手の顔も似せてあるのかなあ。
こんど立ち読みしてみます。

Posted by: Yow | June 23, 2005 at 10:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39773/4641404

Listed below are links to weblogs that reference 街角の航空博物館 - 世田谷シゴーニュ:

« でっかい紫陽花、ちっちゃいランタナ | Main | 魔法の鉄パイプ - レイノルズ531 »