« 怪奇!チェーンラインの謎 - やってみなけりゃ分からない | Main | ハンドメイドバイシクルフェア2005 - 饅頭コワイ? »

February 26, 2005

ゴロワーズを吸ったことがあるかい?

ほらジャン・ギャバンがシネマの中で吸ってるやつさ
よれよれのレインコートのエリを立てて
短くなるまで奴は吸うのさ

かまやつひろしのLPを見ると 1983年と書いてあるけれど、彼がこの曲を歌っていたのは、たぶん70年代後半だ。

「そうさ短くなるまで吸わなけりゃダメだ
短くなるまで吸えば吸うほど
君はサンジェルマン通りの近くを
歩いているだろう

そうかい、じゃあためしに吸ってみるか。 と、両切りのぶっといやつを一本点けて・・・ 
うわっ!くっせえ。 こんなもんをフランス野郎はみんな吸ってんのかよ。 ガールフレンドにも、それちょっとくさいわねえ、なんて言われちまった。 ちょっとどころではないんだけど、まあな、なあんて。 ちょいとイキがっていた学生の頃。


そのころのパッケージとは少し色使いがかわり、巻きも細くなり、なんとなくお上品になってしまったゴロワーズだけど、今でもなお、煙のなかに想いを馳せるにはじゅうぶんだ。

「君はたとえそれがすごく小さな事でも
何かに凝ったり狂ったりした事があるかい?
たとえばそれがミック・ジャガーでも
アンティックの時計でも
どこかの安いバーボンウィスキーでも

そうそう。 スポルティーフをあつらえるなら、こんなスカイブルーで、ぴかぴかにメッキしたラグがいいよね。

フランスらしい色といえばゴロワーズのパッケージ。
いつのまにか知らず知らずのうちに、刷り込まれちまっている。

「そうさ何かに凝らなけりゃダメだ
狂ったように凝れば凝るほど
君はひとりの人間として幸せな道を
あるいているだろう

あのフランスかぶれの怪しいオヤジは、そんなことを言ってたんだねえ。
すっかり忘れてたよ。

あのころの彼よりも、年上になってしまった俺たち。 そういう幸せもすこしは分かるようになってきたけれど、どうやら人生それだけでもないかもね。 なあんてね。

「君はある時なにを見てもなにをやっても
何事にも感激しなくなった自分に気がつくだろう
そうさ君はムダに歳をとりすぎたのさ

「すべてのものが珍しく
なにを見てもなにをやってもうれしいのさ
そんな風な赤ん坊を
君はうらやましく思うだろう

お、そうきますか。 ちょっと悔しいねえ。

でもさ、
いつの日かアレックス・サンジェに手紙を書いて、
フレームはゴロワーズの色でたのむよ、って注文をする。

それがおいらのささやかな夢なのサ。

「ゴロワーズというタバコをすったことがあるかい
ひと口すえば君はパリにひとっとび
シャンゼリーゼでマドモアゼルにとびのって
そうだよ エッフェル塔とせいくらべ・・・


早くオーダーしないと、せっかく作っても走れない歳になっちまうぜ、というツッコミは
とりあえずナシにしといてくださいまし (^^;)

|

« 怪奇!チェーンラインの謎 - やってみなけりゃ分からない | Main | ハンドメイドバイシクルフェア2005 - 饅頭コワイ? »

Comments

うわ、懐かしい。昔、禁煙都市ニューヨークからパリに飛んだ時、パリの本屋の店頭に「店内禁煙」の表示があって、それでも中で吸ってる猛者がいたのを思いだします。さすがに今はいないんだうなあ(苦笑)。

Posted by: Fallout | February 28, 2005 at 07:08 AM

本屋で、ってのはすごいなあ。 パリジャンもやりますねえ (^^)
なに?禁煙法?これは俺の当然の権利なのさ、なあんてさらりと言いそうですね。
あたしゃ小声で、てやんでえ、っていうだけですが・・・

Posted by: Yow | February 28, 2005 at 11:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39773/3090068

Listed below are links to weblogs that reference ゴロワーズを吸ったことがあるかい?:

« 怪奇!チェーンラインの謎 - やってみなけりゃ分からない | Main | ハンドメイドバイシクルフェア2005 - 饅頭コワイ? »