« 海まで初乗りデート - 葛西臨海公園 | Main | TAシクロツーリスト - トリプル化計画進行中 »

January 22, 2005

ケーブルには半田なんだな


なんだかママチャリみたいで、
やんなっちゃうなあ。

なんのことかって?
ケーブルの先っぽにつけている
キャップです。

ブレーキやディレイラーのケーブルには、ほつれないようにアルミの小さなキャップを先端にはめます。
ワイヤーカップとかインナーキャップとか呼ぶそうです。
ケーブルを買うと付いてくるので、そのままそれを使うのが素直な良い子です。

でも、ふと気づいてしまった。


あ、ママチャリとおんなじじゃん!

こんなことにうっかり気づいてしまうようでは、かなりビョーキが進行してますな。 困ったもんです。

というわけで、今回の自転車いぢり応用講座は、プロっぽく仕上げるケーブルのほつれ止めとは? です。

まったくもう重箱の隅からほじくりだしたようなテーマですね。
このサイトはそんなのばっかですが。

さて、プロはいったいどうやっているんでしょうか。

プロは電気で焼き切るからいっぱつで決まる、とどこかで聞いたことがあります。 焼き切ったケーブルはそのまま溶接されて綺麗に仕上がるわけです。 切断とほつれ止めが一瞬で終わり。 プロは違うね。
ネットで探してみると、ウチはちゃんと半田付けしてますからっ!というショップならいくつかあるようでした。

シロートのボクラはどうしましょう。

半田付けならできそうですよね。 さっそくやってみましょう。

自転車のケーブルは、ステンレス線を束ねてあるんですかね? 昔のマファックのケーブルなんかにはステンレスっぽくない質感のものもありますし、正確にはよくわかりませんが。 とにかく普通の半田ではうまくつきません。 オーディオ用の銀入り半田だと仕上がりの艶がいいし、音もよさそうですが(なんのこっちゃ)、やっぱりだめ。 これは実験済みです。

自転車のケーブルにはステンレス用の半田を使います。 フラックスをつけないと付きが悪いので、これも必要です。
とにかくフラックスとステンレス用半田、これさえあればだいじょうぶ。
近所のホームセンターではセット売りで 628円。 お手軽価格です。

で、どうやるかというと、ケーブルの先端にちょいと一滴フラックスを含ませておいて、半田を流してやるだけです。 以上! おしまい。 簡単です。

じっくりコテをあてて、ケーブルによく熱がまわるようにするのがコツです。 半田が溶けてケーブルのすきまにじわーっと流れてくれれば出来上がりです。 熱がまわりすぎても壊れるようなところはありませんから、ラジオの配線をするよりずっとラクですよね。

テフロン・コーティングされているようなケーブルは、どうしても半田をはじきますが、切断面には半田が馴染んでくれるので、先端にチョンとつけてやれば、ちゃんとほつれ止めになります。

どうです?
キャップと違って、すっきりした仕上がり。 文字どおり末端まで手のかかったプロっぽい感じ?
それはどうかわかりませんが、とにかく、これならいくらメンテしてもイライラしないですみますよ。

もうちょっとケーブルを短く切っておけば、プロのメカニシャンっぽかったかもしれませんが。
まあいいか。
ショー向けじゃあないんですから、1~2cmの余裕は残しておきましょう。
末端がみえないほど短く切ってしまうと、メンテするときに困りますからね。

半田ごてなんか持ってないし、半田付けなんてやったこともない、という方は・・・
どうしよ・・・ んー、半田ごて買って練習してくださいっ!

ウソです。 瞬間接着剤を一滴たらして固めてしまう、という手もありますよ。
なぁんだ、このほうが簡単ですね (^^;)

|

« 海まで初乗りデート - 葛西臨海公園 | Main | TAシクロツーリスト - トリプル化計画進行中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケーブルには半田なんだな:

« 海まで初乗りデート - 葛西臨海公園 | Main | TAシクロツーリスト - トリプル化計画進行中 »