« 2004東京国際自転車展で撮りまくり | Main | 小径車の誘惑 - 「コピペ測定法」で夜は更ける »

November 24, 2004

野田・利根運河でコーヒータイム

小春日和というのでしょうか、きのうはおだやかな日でした。 自転車に乗りましたか?


◇◇◇

なんだよ、塾のテストだって? そうかあ。 まあ頑張んなさい。 とーちゃんはちょいと北へ向かうから。 じゃあなっ! と、今日もまんまと脱出成功です。

去年の秋に、地図も調べずに行き当たりばったりに江戸川サイクリングロードを 野田橋まで走り、すっかりグロッキーになったあげくにパンクまでして、散々だったことがあります。 きょうはその恨みを晴らすつもりです。

いつのも金町浄水場の丸帽子とトンガリ帽子。
さすがに人が多いです。 連れ立って釣りに繰り出すひとたち、汗かいてジョギングするひと、ゆったり散歩のご夫婦。
もちろんロード乗りもたくさん追い越していきます。 サエコとファッサボルトロが一緒に走ってたりして。



海から25km。
まだ序の口です。
おにぎり喰って一服。コンビニおにぎりでも旨い。

きれいに刈り取られた土手の枯草が、ちょうどいい座布団になります。




海から30km。
流山橋を渡って左岸です。
こっちのほうが舗装がいいような気がします。

そろそろ目的地も近い。
醤油の香りがしてくるかな?





ありましたあ!
野田といえばキッコーマン。
このお城のような建物は、御用倉なんだそうです。 野田橋のすぐ傍です。

このお城に入れないかなあと
周囲をぶらぶらしてみましたが・・・




あれ?
道のまんなかに落ちてるぞ。

ちょっと通してよ。







手をおなかにいれちゃって、
ぬくぬくしてますね。

あ、相棒もいたのか。







街をちょっと流してみましたが、うーん、どこが見どころかわからない。 ま、いいか。
とりあえず野田は制覇だ。 次いってみよお。

野田橋のひとつ下流が玉葉橋。 埼玉と千葉だから玉葉橋だそうです。 わかりやすいですが・・・
この橋をすこし下ると利根運河への分岐があります。 江戸川と利根川を結ぶ運河です。 これを走破すれば利根川にでられるわけです。
そろそろアシが売り切れそうな気配だけど、いけるとこまで行きましょう。


運河の南側はきれいなサイクリングロードです。
野田線をくぐった先は北側が舗装路、南側はダートになります。







ダートが始まるあたりに、見事な桜並木がありました。

これだよこれ!
探していた場所は、きっとここです。
ここが今日一番の場所に違いない。

では、ゆっくり休憩。




そろそろお湯が沸きますよ。
黄色い桜の下でコーヒータイムです。
クッキーでも持ってくりゃよかった。





どうやら、この先の道は紅葉の丘を抜けるように続いているようです。 利根川までも、すぐに行き着けそうですね。
でもいいや。 眠くなってきた。 また今度にしましょう。
アシがなくなる前に帰りつけるかな。


帰り道、夕日に江戸川のススキが白く光っていました。





というわけで、本日の走行距離は87キロ、平均時速18km。

前半は20kmちょっとで巡航していたんですが、やっぱり後半ダレました。 まあ、こんなもんでしょ。 筋肉痛も肩こりもないし、去年に比べればこれでも進歩です。

|

« 2004東京国際自転車展で撮りまくり | Main | 小径車の誘惑 - 「コピペ測定法」で夜は更ける »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39773/2055270

Listed below are links to weblogs that reference 野田・利根運河でコーヒータイム:

« 2004東京国際自転車展で撮りまくり | Main | 小径車の誘惑 - 「コピペ測定法」で夜は更ける »