« Tiffany Style / Road runner | Main | 京都自転車散歩 ~夏~ »

July 14, 2004

Tiffany Style / French Classic

huret.jpg

オークションに時おり Gem とか Jewelry という形容が出てくる。

まさか宝石とまで称される自転車部品があるとは、
ふつうはとても理解してもらえないだろう。

しかしこれは決して誇張ではない。

そのジュラルミンやアルミニウムの柔肌は
時おりプラチナのように艶かしく輝いて、
ひっそりと男心を誘惑するのである。

初恋の年頃に一度でもこれにとり憑かれてしまった男にとっては、
まるで恋人が少女の面影のまま目の前に現れたのと同じである。
ええい、もういくらでも払ってやる、と
おっちゃんは我を忘れてしまうのだ。

で、 ・・・また、ずいぶん払ってしまいました。

写真はあまりにも有名なユーレー・ジュビリーとストロングライト93。
フレンチの古典である。

Old school という表現がふさわしい、古きよき時代。
贅沢な素材に手のかかった工作、そして独創的で優れたデザインセンスが
ひとつひとつのちいさな部品に凝縮されている。

かくして宝石を身につけたティファニー・スタイルは、
ついに芳しいフランスの香りを醸し出し始めたのである。
すでにロードレーサーではなく、フレンチ・スポルティーフである。


tiffany-style4.jpg


いやまて、と、きっと反論があるであろう。

ストロングライトやユーレーはまさにフレンチ・スポルティーフの典型であるが、
オルトリーブのサドルバック、ブルックス、そしてブルーメルのフラップ付き
マッドガードは、英国風クラブモデルを連想するスタイルだ。
さらにシュパーブのブレーキレバーや日東パール・ステムは
日本製とはいえ、イタリアン・スタイルを踏襲している。
フレンチ・クラシックとしては支離滅裂なアッセンブリーではないか。
これはスポルティーフかもしれないが、フレンチとは云えない。

しかし、だ。

見よ。思いのほか南フランス風な街角に似合うではないか。
どうだい。


tiffany-style2.jpg



うむうむ、よしよし。
これでティファニー・スタイルは完成としよう。
こんなにエレガントな街乗りバイクはふたつとないぞ。

と、一息ついたが、まだまだ。
魔物との戦いは、さらに次の章があったのでありました。

|

« Tiffany Style / Road runner | Main | 京都自転車散歩 ~夏~ »

Comments

パチパチ。きれいなクランクですねえ。私め、2年ばかり前から自転車始めた50男なんすけど、不器用なもんでイジリはからきしなんです。弟子入りさせて頂けたりすると嬉しいです(笑)。

Posted by: Fallout | September 07, 2004 at 02:54 PM

Falloutさん
どうもありがとうございます。 ・・・って、自転車部の Falloutさんですか!?
じつは、ちょくちょく覗かせていただいてるんですよ。どのキーワードも絶妙に私好みで、どうやら「偏屈」の角度が合っちゃってるようです。(^^)

ヘンプ巻き (http://velo.way-nifty.com/velo/2004/07/post_4.html )をやってみたのも、もとはといえばFalloutさんの記事がきっかけなんですから、むしろこちらが師匠とお呼びしたいくらいですよ。
いや~、コメント頂いてうれしいです。

Posted by: Yow | September 07, 2004 at 10:36 PM

あ、本人でございます(汗)。あんなのを御覧頂いていたとは...(大汗)。40代後半まで運痴で居直ってたもんですから、すごいオクテの自転車乗りなんです。ツーリング、ランドヌール系に、ここ1年ばかりで加速したのは多分にネット環境のせいですね。何しろ、色んな意味で耳年増です。ヘンプ巻きもやったんすですか、すげー。

Posted by: Fallout | September 08, 2004 at 11:22 AM

Falloutさん、ヘンプ巻きにリンク張ってくださって、どうもありがとうございます。 やる気が出ます。
ためしに、ちょっとやってみてはいかがですか? 蝶結びするより簡単ですよ。
このさいシンパを増やして、ヘンプ巻きを来年の流行にしましょう (^^)/ 

Posted by: Yow | September 09, 2004 at 12:55 AM

ジュビリーにストロングライト。出来ればサドルはイデアル90あたりが…。でもブルーメルのガード、しかもマッドフラップ付とはすごい。ブレーキレバーはマファックのデルリンだったらサイコー!!

Posted by: etenraku | February 19, 2013 at 10:16 PM

etenraku さん、
コメントありがとうございます!
このスタイルは、もう10年まえですねぇ。なつかしい。

でもいま思うと、当時の自分に言ってやりたいことが山ほどありますわ。
まぁいいから自分の足と相談してギア比を決めろよとか、見栄張ってないでサドル下げてみなよとか、タイヤがいちばん安物ってどゆこと?とかとか… うわぁぁぁ、恥ずかしい。

Posted by: Yow | February 19, 2013 at 11:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39773/962086

Listed below are links to weblogs that reference Tiffany Style / French Classic:

« Tiffany Style / Road runner | Main | 京都自転車散歩 ~夏~ »