« STAGE16: ラルプデュエズにパンターニを見た | Main | シェラック仕上げの実際 »

July 23, 2004

STAGE 17: 今日の男ランディス

landis.bmp

ワン・デー・ツール Stage 17

最後のダウンヒルで何がおきていたのか。 テレビでは良く分からなかったが、これを読んでなっとく。
まったくもうどいつもこいつも、じつに「男」だね。 

以下は APの記事 からの抜粋拙訳というか超訳です。

----

最後の頂上に差し掛かったところでは、バッソ、クローデン、そしてウルリッヒだけが残って、アームストロングと彼のチームメイト、フロイド・ランディスに喰いついていこうとしていた。 ランディスはここまで登りでリーダーを引っ張り、疲れ知らずの仕事をしていた。

その頂上で、アームストロングはランディスの肩に腕を掛けた。 彼は、勝ちに行けと青信号を点灯してやっていたのだ。 ゴールは8マイル先で、長くて高速な下りの先にあった。

「頂上でフロイドに訊いたんだ。 どうだい、ツールでステージ優勝してえだろ、って。
 彼は "死ぬほどしてえ” って答えた。

「で、下りは速いのかい?って訊いたら "超速いぜ。 でもいいのかい?" って言うから、言ってやったんだ。
  "いいに決まってら。 盗っ人みてえにかっ飛べ" ってね。

ランディスは差を広げたが、しかしすぐにヤン・ウルリッヒにつかまってしまった。 アームストロングの強力なライバルだ。 アームストロングは追撃し、バッソとクレーデンがそれに続いた。

  :

ランディスはリーダーのために最後まで強力な走りを見せ、スプリントの最後にゴールした。
アームストロングは今日の勝利をランディスに捧げた。

「ほんとうに彼にステージ優勝して欲しかったよ。


----

|

« STAGE16: ラルプデュエズにパンターニを見た | Main | シェラック仕上げの実際 »

Comments

あはははは、テキサス訛りの訳、お見事です。
そーだったのですね、単純で、わかりやすくて、いいなぁ。
現場は、こんな感じなんでしょうね。

Posted by: jinx | July 23, 2004 at 09:11 PM

はじめまして。素晴らしい超訳!
ツールももうすぐ終わっちゃいますねぇ。

Posted by: ダー | July 24, 2004 at 02:15 AM

Jinx さん、恐縮です。なんだかへんな江戸弁のようになるところが訳者の限界ですね。

ダーさん、はじめまして。7月が過ぎるのは速いですね。 
でもオーストラリアはまだまだ熱っつく燃えてるようですよ。ウチにも Go McEwan for Green! ってメールが来ました。 パレードで陽気なウィリーが見られるかどうか。 最後まで楽しみです。

Posted by: Yow | July 24, 2004 at 01:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39773/1032356

Listed below are links to weblogs that reference STAGE 17: 今日の男ランディス:

» ワン・デー・ツール Stage 17 [東京自転車生活 :: dentama.net]
Photo ©: BBC Sports 豪華なクラシック・レースを見ました (^^) [Read More]

Tracked on July 23, 2004 at 09:06 PM

« STAGE16: ラルプデュエズにパンターニを見た | Main | シェラック仕上げの実際 »